厨房機器を処分するときにおすすめの方法

飲食店の心臓部で利用される厨房機器、しかし誤って購入してしまった場合など手放す時に困るものが多いです。そんな厨房機器を賢く処分する方法について紹介いたします。

厨房機器とは

厨房機器

厨房機器は冷蔵庫、シンク、コンロなど食事を扱う事業において必要なものです。いずれも家庭用で販売されていますが、業務用と家庭用には大きな違いがあります。厨房機器の場合は業務の効率化をはかるためにも火力・容量などが異なり、飲食店の心臓部である厨房での業務を快適にするのはこの厨房機器とされています。では具体的にどういうものがあるのか?その種類について紹介いたします。まずは業務用冷蔵庫や製氷機です。これらは鮮度を保つのはもちろんですが、飲食店ではとくに重要な製氷スピードがこの厨房機器として販売されている製氷機は優れています。来店したお客様へのお冷に入れるなど氷は大量消費するもの、なのでできるだけ早く氷を作る設備が必要です。また、冷蔵庫についても容量が段違いです。

これはただ大きいだけではなく、家庭用の三倍もの容量がある冷蔵庫もあれば、中にはコンパクトタイプのものもあります。厨房によってはどんなサイズのものが必要になるかはまちまちです。それらに対応できるように、容量の種類を多く設けている傾向にあります。勿論冷却能力が高く、そしてその効率を下げてしまう家庭用にはついているはずのドアポケットはついていないです。そのため新鮮なままで、庫内に保存しておくことが可能です。電力も排水量も異なるのでそのための設備を整えておく必要がありますが、これらは厨房設備の基本なのでしっかり整えておきたいところです。そして他にも作業台orコールドテーブル、コンロ、オーブン、エアコンなどの設備もあります。

もっと利便性を上げるのであれば食洗器も必要ですし、おもてなしとしておしぼり保温器なんかもおすすめです。これらは厨房業務をするにあたって必要不可欠なものばかり、中には保健所の調査をパスするための必需品もあるので、これから食事を扱う事業を考えている場合はしっかり把握しておかなければならないです。飲食店だけではなく厨房機器は病院や給食センター、キッチンカーなんかでも活用されています。食品の在庫管理、鮮度管理、調理の効率化などに携わっているこれらを購入する時は、厨房内の条件と照らし合せて慎重に行いたいところです。

厨房機器の買い間違えを防止する

厨房機器

厨房機器の買い間違えを防止するのが本来理想的です。ここでは購入時のポイントについて紹介いたします。まずは店内で作る料理に適合しているかどうかを判断する必要があります。提供する料理とマッチしていないものの購入を控えるのは大前提、しっかり必要なものを見極めてからがおすすめです。見ていくと便利なものがたくさんあるのがこれらの機器なので、あれもこれもと思ってしまうかもしれませんがシビアに選定していくのをおすすめいたします。

本来必要なものがなく、逆に必要ないものがあるとスムーズな提供は叶わないです。営業に支障をきたさないようにするためにも事前にどんなものが必要かをまとめておくのがおすすめです。しかし飲食店ということである程度の必需品はあります。なかなか決められない場合はまずここから集めていくのも一つの手です。そのラインナップが以下の通りです。まずは冷凍冷蔵庫、食品の保管をするにあたっての必需品です。コールドテーブルや作業台、調理する内容によって最適な高さが異なります。製氷機、これも飲食店にかかせないものなので、使用する氷の大きさによって選びます。業務用シンク、食器洗浄機を導入していたとしても必要です。

営業許可を得るための必需品でもあります。これらを作業動作も考えながら最適な位置に設置するのが作業の効率化において大事なこと、一つをみるのではなく、これらを厨房に設置した時のイメージをしっかりもって購入をおすすめいたします。また、中古を購入する場合は耐用年数についてもしっかりチェックしておくのをおすすめいたします。

厨房機器の処分方法三選

厨房機器

購入をしっかり考えながら進めていたとしても、実際に使用するとなんだか使い勝手が悪い、と思うことがあります。冷蔵庫の扉の開き方一つで使い勝手というのは大きく変わります。購入したてであっても時には買い替えを考えた方がいい、という場合があります。しかしそんな時持っていた厨房機器はどうしたらいいか?その処分方法について紹介いたします。最初に思いつく人が多いのは粗大ゴミとして出す方法、自治体による処分なので安心ではありますが、中には引き取ってもらえない、そして回収しにきてはくれない、という場合があるので問い合わせをおすすめいたします。

値段についても一つあたりですとそこまでの額にはなりませんが、数が多いと手痛い出費になる可能性があります。そして次に、回収業者です。これは民間の回収業者を指しており、指定した場所までとりにきてくれます。優良な業者がいるのは間違いないですが、中には悪徳業者もいるので、その場合知らない間に不法投棄などのトラブルに巻き込まれてしまいます。そうならないように下調べは必須です。最後に、買取業者です。これはリサイクルショップを指しており、出張買取もしてくれます。中には買取をしてくれない場合もありますが、他の方法だと処分費用がかかっていたところ、買取という形でお金として還元してくれるのが嬉しいポイントです。まだ新しい厨房機器の場合ゴミとして出すのはとてももったいないですが、買取なら手放しやすいです。買取業者に任せる場合は、普通のリサイクルショップではなく、厨房機器専門の買取業者に依頼がおすすめです。

専門業者を選ぶ理由とは

厨房機器

リサイクルショップのようにお客様から買取をする事業は、その後買い取った商品を販売して利益を得ています。そして買取業者にも得意分野があり、貴金属やブランド品に強いところもあれば家具に強いところもあります。それは主に買い取ったあとの流通ルートによるケースが多いです。厨房機器を買い取ってもらう場合、厨房機器専門の買取業者を選んだ方がいい、という理由はその後の売れやすいルートを持っているからこそ、高額での買取が期待できるというところにあります。一般客向けではなく、これから飲食店の営業を考えている人や企業など、ピンポイントな客層を持っているからこそ、多少高くても買取をしてくれます。買取をして、そこから販売できるからこそ、査定金額を上げやすいので専門業者を必ず選んでおきたいところです。

厨房機器処分についてのまとめ

厨房機器

厨房機器を処分、と考えると勿体ないように感じますが、買取を利用すればお金も貰えて引き取りにきてくれるのでとても便利です。まだ新しい厨房機器は捨てる場合とても勿体ないですが、買取サービスを上手く利用すれば新しいものほど高値がつきます。それを次の厨房機器の購入費用にあてたりもできます。賢い処分方法としておすすめの買取サービス、ぜひ厨房機器専門の買取業者に問い合わせをおすすめいたします。指定したところまで無料で出張査定にきてくれるなど、基本依頼側はなんら負担がないです。また、納得いかない価格の場合は買取自体なかったことにできます。必ず売らなければならない、というわけではないのでお困りの場合はまず問い合わせをおすすめいたします。