事務作業の効率化を図る!こんなときにおすすめの仕事効率化ソフト

業務をより効率よく進めるための「仕事効率化ソフト」

初心者の方でも簡単に導入して使える「仕事効率化ソフト」は、今すぐにでも業務効率をアップさせたいという方におすすめのツールです。
以下は、仕事効率化ソフトを導入することで大きな効果が得られる業務についてご紹介します。
※「イオンソフトウェア」では、以下でご紹介する業務をより簡単に、そして作業できるようになる便利な仕事効率化ソフトを多数取り揃えております。
初心者の方でも安心の簡単でシンプルなソフトばかりですので、ぜひ一度無料のお試しサービスをご利用ください。
 

見積書の作成

顧客と受注元である企業が商品の価格や納期、さらには支払方法の条件などを確認するために作成されるのが「見積書」です。
一つの企業で同じテンプレートの見積書を作成しますが、一つの案件に対して記載される内容は多様に存在します。
見積書には宛先や発行日、見積書の番号、会社名や住所、電話番号、さらには企業の捺印、有効期限、商品名や金額、数量、消費税、
さらには合計金額などが記載されます。

テンプレートを利用すればそれらに必要事項を記入していくだけですが、毎回手書きで記入していれば時間がかかりますし、
効率よく仕事を進めるためにはネックとなる部分です。
そこでおすすめなのが、見積書の作成をするための「仕事効率化ソフト」を導入するということです。
システム上で一度登録した見積書はデータとして蓄積されていきます。そのため、履歴を検索すれば同じ取引先の見積書を作成するときには、
変わらない情報はそのまま自動で入力され、商品名や数量、金額など、必要な部分は変更するという作業だけで簡単に見積書を作成できるようになります。
 

納品書の作成

注文を受けた企業が、お客さまに商品を納品するときにいっしょに提出する書類を「納品書」といいます。
納品書には、納品先の会社名や個人名、発行日、納品番号、納品者名や住所、電話番号、
さらには企業の捺印や商品名、数量、金額、消費税、合計金額などを記入します。
発注者が注文したとおりに商品が届いているかを確認するために、納品書をもとに確認しますし、
基本的に見積書に書かれた内容と相違がある内容であってはなりません。
手書きで納品書を記載すると、場合によって見積書の内容とは違った数量を記載してしまったり、
届けた商品とは別の商品名を記載してしまったりというミスに発展する可能性があります。
このようなミスを防ぐためには、汎用性の高い仕事効率化ソフトを導入するのがおすすめです。
仕事効率化ソフトがあれば、先に作成して注文成立に至った見積書を簡単に納品書に変換できるため、
書類作成の手間やケアレスミスの発生を抑えることができます。
 

※イオンソフトウェアでおすすめしております仕事効率化ソフトは、「見積書」や「納品書」のほか、「領収書」や「給与明細」、
さらには「帳簿」作成のために便利なソフトを取り揃えております。
だれでも簡単に、そして初心者でも利用できる簡単なシステムであることが自慢のソフトです。
これまでに人手や時間をかけていた事務作業を見直して、業務改善を進めたいというときにおすすめの便利ツールです。